*****************************************************
3秒後に新サイトにジャンプします。
ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。

http://www.gmec.co.jp/aboutus/index_02.html
*****************************************************

沿革

1949年(昭和24年) 4月 製粉関連の粉体供給技術の研究・開発を開始。
1955年(昭和30年) 6月 福岡市に丸中産業株式会社として発足。
製粉、製麦工程の資材並びに機器の販売を開始。
1958年(昭和33年) 1月 同地に前身となる大盛工業株式会社を新設。
粉体自動定量供給機スムースオートフィーダー発明完成。
1958年(昭和33年) 9月 丸中産業株式会社と合併し、商号を大盛工業株式会社に変更。
1963年(昭和38年) 7月 東京都渋谷区桜丘町に東京営業所を開設。
1964年(昭和39年) 1月 福岡県大野城市大字下大利に新工場を建設、移転。
1964年(昭和39年) 4月 大阪市淀川区塚本に大阪営業所を開設。
1965年(昭和40年) 4月 消石灰自動溶解装置開発・製造販売開始。
1968年(昭和43年) 4月 高分子連続自動溶解装置開発・製造販売開始。
1970年(昭和45年) 4月 活性炭自動注入装置開発・製造販売開始。
1971年(昭和46年) 4月 アルギン酸連続溶解装置開発・製造販売開始。
1973年(昭和48年) 9月 粉体連続自動計量機オートチェッカー発明完成。
1977年(昭和52年) 3月 アルギン酸連続溶解装置発明協会より受賞。
1978年(昭和53年)10月 粉体連続自動多方向供給機開発・製造販売開始。
1980年(昭和55年)10月 微粉炭連続自動供給機減量方式オートチェッカー2型開発・製造販売開始。
1981年(昭和56年)12月 粉体定量空気輸送供給機ニューマチックオートフィーダー開発・製造販売開始。
1982年(昭和57年) 1月 薬品連続混合輸送機スーパーオートミキサー開発・製造販売開始。
1982年(昭和57年) 8月 福岡県糟屋郡粕屋町大字柚須に新工場建設、移転。
1983年(昭和58年) 3月 粉体定量空気輸送供給機ニューマチックオートフィーダー発明協会より受賞。
1989年(平成元年) 3月 コンテナフィーダー発明協会より受賞。
1991年(平成 3年) 5月 粉面一定式連続計量装置発明完成。
1993年(平成 5年)12月 福岡県糟屋郡篠栗町に新本社工場を建設、移転。
1996年(平成 8年)11月 サニタリーフィーダー開発・製造販売開始。
ダイオキシン対策用活性炭空気輸送装置ユニット型開発・製造販売開始。
1999年(平成11年)10月 東京営業所を改編し支店へ昇格。
2000年(平成12年) 2月 溶融飛灰用定量供給機マスプルフィーダー開発・製造販売開始。
2000年(平成12年) 3月 工場雑芥・廃プラ・古紙用リングフィーダー開発・製造販売開始。
2003年(平成15年) 4月 前身企業の分割を行い全営業基盤を承継した事業会社として現在の大盛工業株式会社とする。
2003年(平成15年)10月 新型計量装置 セルインチェッカー開発・製造販売開始。バイオマス原料類ハンドリングテスト設備完成。
2004年(平成16年) 9月 東京都渋谷区道玄坂に東京支店を移転。大阪市淀川区西中島に大阪営業所を移転。
2005年(平成17年)12月 少量用新型計量装置ES型セルインチェッカー開発・製造販売開始。
2006年(平成18年) 2月 ISO9001:2000認証取得。
認証範囲:粉粒体定量供給装置及びその関連機器の設計、開発、製造 及びメンテナンス管理。
2007年(平成19年) 9月 セルインチェッカー 特許取得
特許 第3983706号(粉体計量供給装置)
2010年(平成22年) 2月 ISO14001認証取得
認証範囲:粉粒体定量供給装置及びその関連機器の設計、開発、製造 及びメンテナンス管理。
2010年(平成22年) 2月 ISO9001:2008認証取得。
認証範囲:粉粒体定量供給装置及びその関連機器の設計、開発、製造 及びメンテナンス管理。
2016年(平成28年) 1月 福岡県古賀市青柳に新本社工場を建設、移転。